デリカフーズは、野菜の卸売りをしている会社です

  • リンク
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 事務所マップ

デリカフーズ株式会社

ウェブ検索

当サイト内を検索

野菜の日記

野菜塾 名古屋

【野菜塾】第32回 ザ・ベジタブルセミナー

◆ 第32回 ザ・ベジタブルセミナー 

◆ 日時 平成20年7月23日 14:00〜

◆ 会場 名古屋デリカフーズ株式会社 名古屋市中川区東かの里町708

dsc07040.JPG  dsc07041.JPG  dsc07046.JPG

◆ 今回のテーマは “夏の旬野菜 ベジスイーツ特集” です ◆

今回特に力を入れたのはベジスイーツです。今流行の“おいしく食べて健康になれる”スイーツをデザートビュッフェ形式でご提供いたしました。旬の野菜はどれも栄養満点です。栄養満点でおいしいスイーツに変身した野菜をご覧ください!

◆ デリカフーズからのおすすめ野菜 ◆

◇高知県産新生姜 岐阜県産枝豆 万願寺唐辛子 フルーツトマト 水茄子 浜松産小しろうり 十六ささげ 静岡三方原産じゃが芋 とうもろこし 南瓜 などなど

◆ 講演内容 ◆

1 . 10年後の食市場を考える

株式会社フードシステム 会長 古田 基 様

NYの食情報、今後の外食産業の向かう方向について講演していただきました。ありがとうございました。

2 . デリカフーズグループの国産産地造り

デリカフーズ株式会社 取締役 澤田 清春

生産者との取り組みや加工・業務用野菜の需要に対する供給・講演活動について、また、野菜の中身評価などについてお話させていただきました。

3 . 野菜の上手な取り扱い方法について

名古屋デリカフーズ株式会社 試験開発室 加藤 大志

野菜が傷みやすい時期となりました。デリカフーズから野菜の上手な保管方法や、カット野菜の取り扱いについてご説明させていただきました。

◆ 提案メニュー ◆

夏の旬野菜を使ったメニュー、ベジスイーツをご用意いたしました。味もおいしく意外性のある楽しいメニューになっていると思います。自信作たちをご紹介します!

1.ジンジャーシロップソーダ割り〜新生姜を使って〜

高知県産の新生姜をシロップ煮にし、ソーダで割ってご提供いたしました。飲んでしばらくすると体がぽかぽかしてきます。昔から生薬として利用されてきた生姜のパワーですね!今しかない新生姜をおいしくすっきりとどうぞ。

材料:新生姜

2.枝豆のつぶつぶスープ

dsc06978.JPG

岐阜県産の枝豆を使った冷製スープです。枝豆のおいしさを感じていただけるように粒を大きめに残しています。枝豆の食感をお楽しみ下さい。

材料:枝豆、(かざりに)パセリみじん切り

3.夏野菜サラダ

dsc07016.JPG

6種類の夏野菜を使ったサラダです。赤・黄・緑・紫・桃と色鮮やかでちょっぴり贅沢に仕上げています。食欲ない夏にぴったりのサラダです。

材料:とうもろこし、小しろうり、水茄子、十六ささげ、フルーツトマト、万願寺唐辛子

4.とうもろこしの豆腐仕立て

dsc07034.JPG

茨城県産のとうもろこしを使っています。とうもろこしが主役の惣菜は作れないか・・・という思いから生まれました。つぶして漉したとうもろこしに和風だし、豆乳、少量の生クリームを加えて滑らかに仕上げました。

材料:とうもろこし

5.茄子と生ハムのミルフィーユ

dsc07019.JPG

普通の茄子にひと手間かけることで、おしゃれな前菜に変身しました。よく冷やしたコンソメ味の茄子の間に生ハムを挟みました。上からのせたチーズがアクセントです。

材料:千両茄子

6.夏野菜カレー とうもろこしライス

dsc07021.JPG

夏野菜のトマトと茄子、泉万醸造?さんの「いちじくカレー」を使った夏野菜カレーです。野菜といちじくのマイルドさとピリッとした辛さがポイントです。キット商品としてご紹介させていただきました。

材料:茄子、トマト、玉葱

7.トマッチェと赤パプリカのソルベ

dsc07056.JPG

名古屋デリカフーズ(株)と鶴見酒造(株)さんとの共同開発商品「ベジワイン トマッチェ」を使用しました。トマト+ワイン+パプリカの組み合わせに、シナモンのアクセントで大人のデザートに仕上がっています。

材料:トマッチェ、赤パプリカ

8.冬瓜ゼリー

dsc06986.JPG

冬瓜とメロンがたっぷりと入った夏らしいゼリーです。同じウリ科の冬瓜とメロンはゼリーになっても相性バッチリ。上に飾ったグレープフルーツの酸味が全体をすっきりとした甘さにまとめています。

材料:冬瓜、アンデスメロン、グレープフルーツ

9.ナスシュークリーム

dsc07026.JPG

シュー生地に、焼きナスのペーストとナスのキャラメリゼ、カスタードクリームを詰めました。少し酸味の利いたナスのキャラメリゼは鮮やかな紫色に仕上がっています。しっかりとナスが主張していますが、ナス特有の苦みも気にならずに美味しく召し上がっていただけます。

材料:千両茄子

10.じゃが芋のミニケーキ

dsc06989.JPG

静岡三方原産のじゃが芋を使ったミニケーキです。ホクホク系のじゃが芋でもっちりした食感に仕上がりました。素朴なおやつをどうぞ。

材料:じゃが芋

11.枝豆のレアチーズケーキ

dsc06984.JPG

ペースト状にした枝豆をクリームチーズに混ぜ込みレアチーズケーキに仕上げました。枝豆に含まれるビタミンB1は夏バテ防止に効果的といわれています。涼しげなベジスイーツで夏バテ防止はいかがでしょうか。

材料:枝豆

――――――――――――

当日は28名のお客様にお集まりいただきました。お忙しいところ本当にありがとうございました。次回は9月18日(木)です。次回も是非お越しください。

★☆ 『デリカの志詩(大根の詩)』の書をいただきました! ☆★

icon_biggrin先日、私たちの会社の理念・想いを詩にした『デリカの志詩(大根の詩)』を2009年春に入社予定の内定者の方が書道で書いてプレゼントしてくれました。

あまりに綺麗で内定者の方の当社に対する想いが伝わってくる書ですので、ブログでも紹介させていただきます!!

 大根の詩

 70×130cmもある紺色の紙に金色の墨で書かれたこの書は、とても丁寧に綺麗に書いてあります。見ているとデリカフーズに対する内定者の方の想いがとてもよく伝わってきます。本当にデリカフーズのことを好きになってくれていて、これから私たちと一緒に頑張っていきたい!!と思ってくださっていることがよくわかります。

また、先日内定者懇親会を行い内定者の方たちとお会いしましたが、内定者の方みんな、まっすぐ未来を見つめ、デリカフーズに大きな希望を持っていらっしゃることがよく伝わってきました。この想いに私たちも負けないように、今よりももっと良い会社になるよう努力し、成長していきたいと思います!!

icon_razzまだまだ社内には改善点がたくさんあり、内定者の方々の想いには遠い部分もあるかもしれません。でも一つ一つ修正していって7ヵ月後にこの内定者の方達が入社した時、『この会社に入ってやっぱり良かった!!』と思ってもらえるようにこれからも頑張ります(^^ゞ

平成20年9月12日(金) 個人投資家向け会社説明会を実施します

(社)日本証券アナリスト協会主催の会社説明会に参加致しますので、どうぞご来場ください。

日時:平成20年9月12日(金) 15:00〜15:45

会場:東京都中央区日本橋兜町2−1 東京証券取引所ビル6階 日本証券アナリスト協会6階会議室

詳しいご案内はこちらです。ご案内書

よろしくお願いします。

(社)日本証券アナリスト協会

 

【野菜塾】第19回 健康野菜塾 〜過熱野菜、本稼働!!〜

日時: 平成20年7月24日(木)  14:00〜17:00

■会場: 東京デリカフーズ株式会社  東京都足立区保木間1-23-2

■内容:      1.特別講演『改正食品リサイクル法への対応

              〜コストをかけずに食品リサイクルを進めるために〜』

講師:株式会社サティスファクトリーインターナショナル

 代表取締役社長 小松 武司氏

特別講演1

 現在注目されている、環境問題。私たち誰もが取り組まなければいけない問題ですが、取り組むとなるとコストもかかり、頭の痛い問題です。これを具体的にどう取り組んでいったらいいのか、といったことを分かりやすく講演していただきました。お客様にも大変興味のある内容だったようで、『もっと聞きたい』といった声がたくさん聞かれました。

           2.食材提案『知っていますか?「規格外フルーツ」』

東京デリカフーズ株式会社 企画開発室 室長 宇田川 文子

規格外フルーツ1  規格外フルーツ講演  規格外フルーツ2

 ちょっと外見にキズがあったり、形がいびつだったり、粒が不揃いだったり・・・。意外にも規格外のフルーツはたくさんあります。美味しさは通常のものと変わらないのに、なかなか流通がしにくい規格外のフルーツを紹介させていただきました。「リサイクル」=「エコ」=「もったいない」との思いで今後仕入先とお客様を繋げられるようになれるよう、努力していきたいと思います。     

       3.講演『いよいよ事業化!過熱野菜 今後の展開』

東京デリカフーズ株式会社 横浜センター本部長 小林 憲司

            『蒸焼過熱野菜の特長とメニューの拡がり』

         東京デリカフーズ株式会社 商品開発室 室長 佐野 進  

過熱野菜 ベジワイン

2008年12月に横浜センターを拡張し、事業化を進めてきた過熱野菜。今回は過熱野菜の今後の展開について、今までの開発した商品、そして今後の開発商品を中心にご紹介しました。過熱トマトやアスパラを使ったアイスクリーム、トマトやニンジンを使ったワイン、野菜のジャムなど料理に使う以外の過熱野菜の展開をご報告させていただきました。

また、商品開発室佐野からは過熱野菜の特長と、そのメニューの拡がりと実際の色々なメニューをご紹介させていただきました。幅広い使用方法にお客様も驚かれていました。

              4.メニュー紹介

             東京デリカフーズ株式会社 企画開発室 山口 由美

今回のメニューは過熱野菜をたっぷり使ったものをご用意しました。下準備にほとんど手がかからない、野菜の特長を活かして調理ができるなど過熱野菜ならではの調理方法も紹介させていただきました。普通に作ると手がかかる料理も、過熱野菜を使うとあっという間に簡単に出来上がります!お客様も実際に試食され、その野菜本来のうま味に驚いていらっしゃいました。

メニュー1  メニュー2  試食

詳しいメニューはこちらから ⇒ メニューリスト

icon_razz当日は暑いなか、過去最高の99名のお客様が来社してくださいました。会場がかなり狭い中、ご不便をおかけして大変申し訳ありませんでした。でも、たくさんのお客様に来ていただけて本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

次回は9月18日(木)を予定しています。お楽しみに・・・!

ページトップへ