デリカフーズは、野菜の卸売りをしている会社です

  • リンク
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 事務所マップ

デリカフーズ株式会社

ウェブ検索

当サイト内を検索

野菜の日記

Farm to Wellness 倶楽部

第3回 Farm to Wellnessセミナー 『医・食・農・工連携が、新たな時代を創造する』

★医・食・農・工連携に向けて、第3回 Farm to Wellnessセミナーを、2012年4月26日(木)東京都足立区千住3-92マルイ北千住11F(シアター1010)にて、約2年ぶりに開催させていただきました。「美味しいものは身体に良い、健康な食は薬以上の値打ちがある」と題して、日本農業発展のため、様々な講演させていただきましたので、ご報告させていただきます。

特別記念講演として、農林水産省 食料産業局 食品小売サービス課 外食産業室長 山口 靖 氏より、『美味しくて健康な食が日本農業再生のシナリオ~医・食・農・工連携と農作物の中身測定が重要なわけ~』と題しまして、ご講演頂きました。医・食・農連携による6次産業化の重要性と、機能性野菜(抗酸化力)を旗頭に、ミネラルを含んだ土からできる健康的な野菜が日本人と日本国の健全化につながるというお話を賜りました。

経済産業省地域経済産業グループ地域経済産業政策課 統括地域活性化企画官 大原一郎 氏より、『農業の成長産業化に向けて、持続発展可能な太いシステムを作る』と題しまして、ご講演頂きました。日本の農作物の優位性(機能性)を数値化し、付加価値を得ることによって、世界に通用するジャパンクオリティシステムの構築が重要であるというお話を賜りました。

美味しくて健康な食こそが日本人を健康にし、増大する医療費を削減すると題しまして(社)生命科学振興会理事長 渡邊 昌 氏より、ご講演頂きました。東洋医学や実体験を元に、薬に頼らず、体に良い食べ物をしっかり選び、食を通じて健康な体を作ることが、日本の医療費削減につながるとのお話を賜りました。

何故、美味しくてアンチエージング力(抗酸化力)ののある食べ物が健康と美容に良いのか』と題しまして、浜松大学健康栄養学科教授 金谷 節子 氏より、ご講演頂きました。放射能が人体に及ぼす影響、人類進化の法則に従って『睡眠と食事』の重要性、ORAC食(抗酸化食)の有効性を、研究内容やメニュー事例をふくめてわかりやすくご説明賜りました。

デリカフーズグループでは、これまで野菜を中味で評価するという活動を長年にわたり行って参りました。今回のセミナーでは、デザイナーフーズが行っております最新の研究成果から六本木アークヒルズに一昨年オープンしたベジマルシェ店舗での試験販売、生産者・流通・お客様との連携を図った東京デリカフーズの新工場のご紹介とその意味合い、またこの活動を具体的にどのように実業へ落とし込むかといった内容で、ご提案ご報告させていただきました。野菜の機能性(抗酸化力)がどのような成分に由来しているのかを調査し、野菜を中味で評価する機械の開発を行うことで、今後、付加価値を持った野菜の流通・販売を行っていきたいと考えております。食と健康の情報発信(啓蒙活動)こそが、我々デリカフーズグループの使命と考え、日本の農業発展に少しでも寄与できれば幸いです。

今回、私どもの活動に対し、多くの方々から「共感、感動した」との感想が寄せられ、大盛況の中でセミナーを終えることができました。一重に皆様方のご支援・ご協力の賜物と心より感謝いたしております。まだ志半ばではありますが、今後も倶楽部の趣旨でもあります「日本農業発展、国民の健康増進、環境保全」に対して、少しでも貢献できるよう活動を重ねていく所存ございますので、Farm to Wellness倶楽部の活動に対しまして、ご指導、ご鞭撻の程何卒よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ
  • カテゴリー

  • サイト内検索

  • アーカイブ

    • 2017 (2)
    • 2016 (5)
    • 2015 (12)
    • 2014 (10)
    • 2013 (5)
    • 2012 (9)
    • 2011 (14)
    • 2010 (6)
    • 2009 (23)
    • 2008 (24)
    • 2007 (47)
    • 2006 (1)