デリカフーズは、野菜の卸売りをしている会社です(東証第一部、証券コード:3392)

MENU
野菜の日記

【第39回】健康野菜塾 ~2013年を考える~

■日時:  平成25年1月30日(水) 14:00~17:00

■会場:  東京デリカフーズ株式会社  東京都足立区六町4-12-12

■内容:    1.情報発信『 低成長時代の外食の新戦略 』 

株式会社 フードシステム 代表取締役会長 古田 基 氏                                                                                                                      

 少子高齢化が進み、15年以上のデフレ経済下で外食市場は一段と成熟化が進み、細分化と専門化が加速しています。従来、「厄介」「面倒」といわれた部分にも、成長の可能性があり、注目する必要が出てきています。その一方では競争が激化する中、競争力をつけるために資本力のある企業は大型化・多店舗化を進めてきましたが、これが必ずしも収益性・効率的な方向に向かっていないケースも出てきています。こういった部分を多くのスライドを交えながら講演していただきました。

    

.情報発信『 2013年青果物流通の現状と今後 』

東京デリカフーズ株式会社 代表取締役社長 大崎 善保

現在、高値が続いている野菜。2013年の現状と青果物流通の動向はどうなっていくのか、また野菜消費量の現状と消費者のニーズなどをご紹介しながら、弊社の取り組みについてもご紹介させていただきました。サラダの消費量は増えているが、野菜の消費量は減っているのはなぜか、といった話もさせていただき、お客様からもご好評をいただきました。

  

3.情報発信『 繁盛店のご紹介 』

東京デリカフーズ株式会社 営業部主任 田中 陽子

毎回ご好評をいただいている繁盛店のご紹介。今回は、
  ・チェーン展開されている外食企業様が運営している新業態
  ・過去2年以内にオープンした新しいお店
  ・名物料理、コストパフォーマンス、目新しい料理、新しい取り組みにより
   話題になっているお店
をキーワードとしてご紹介させていただきました。まだ都内に1店舗といったお店や名古屋にしかないお店もご紹介し、そのお店での野菜の使い方などもお話させていただきました。どのお店でも工夫を凝らし、たっぷり野菜を食べられるメニューを開発しておられます。今後のアイデアとしても参考になるお店で、お客様にもご好評をいただきました。

4.情報発信『 春の食材と国産柑橘のご紹介 』

東京デリカフーズ株式会社 大田センター センター長 堀之内 景

 今回は『春を感じる野菜達』ということで、これから旬を迎える山菜類と国産柑橘をご紹介させていただきました。今回から野菜の特徴だけでなく、大田市場に事務所を構えましたので、今の市況も多数おりまぜながらご紹介をさせていただきました。

  

 詳しい食材の紹介はこちらから ⇒ ☆★ 春のオススメ野菜達 ★☆ 

 

5.メニュー紹介

東京デリカフーズ株式会社 営業部メニュー担当 山口由美

今回は春のオススメ野菜を使ったメニューのご提案です!

  

主に山菜を使ったメニューをご提案させていただきました。山菜の風味をそのまま感じてもらう料理や天ぷらや和え物でいただくことの多い山菜を洋風メニューにしてみたり。デザートもホワイトアスパラガスを使用するなど、工夫を凝らしたメニューが並びました。

詳しいメニュー紹介はこちらから ⇒ ♪♪ メニュー紹介 ♪♪

★★今回は2013年最初の開催となりました。たくさんのお客様に来社していただき、改めて感謝の気持ちが湧くと同時に、このお客様のご期待に1つでも多く応えるよう、社員一同もっともっと努力をしなければならないと身の引き締まる思いでした。今年1年、野菜塾も本業もお客様に喜ばれるよう頑張っていきますのでよろしくお願い致します。

当日は88名のお客様にご来社していただきました。ありがとうございました。

野菜塾 東京カテゴリの最新記事