デリカフーズは、野菜の卸売りをしている会社です

  • リンク
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 事務所マップ

デリカフーズ株式会社

ウェブ検索

当サイト内を検索

野菜の日記

野菜塾 東京

【野菜塾】第21回 ~フードアイコン最新情報~

■日時:  平成20年11月14日(金) 14:00~17:00

■会場:  東京デリカフーズ株式会社  東京都足立区保木間1-23-2

■内容:  1.特別講演『フードアイコン最新情報                                 ~予防の食生活から見たメニュー改廃とメニューアイコンについて~』

国立健康・栄養研究所  理事長   渡邊 昌 氏

特別講演

日本人の三大死因の一つであるがん。この病気を予防するためには食生活、そして野菜を摂取することが大切であるということを様々なデータ、資料を使って講演していただきました。また、自分が食事を取る時にカロリーや塩分などがその食事にどれくらい含まれているかわかる『フードアイコン』の説明もしていただきました。お客様からも取り入れてみたいという声も聞かれ、消費者の方によりわかりやすく伝える表示の仕方を考えるきっかけとなりました。

       2. 講演『Farm to Folk のご提案 ~食と農の伝承~』

東京デリカフーズ株式会社  経営企画室 リーダー 神戸 正徳

講演2   講演1

食の安全・安心が叫ばれている昨今。しかし日本の自給率は下がる一方で、日本人が食するものは輸入に大きく頼っているのが現状です。そんな日本の自給率を上げようと、今いろいろな活動が企業・団体・個人の中で起こっています。今回はこの部分に注目し、産地と消費の問題点、自給率UPのための活動、デリカフーズとしてできることを講演させていただきました。自給率UPに向けての熱い想いが伝わる講演となりました。

       3. メニュー提案『野菜のお節と縁起』

東京デリカフーズ株式会社  規格開発室 室長 宇田川 文子

メニュー提案  メニュー提案2  試食

お正月に食べるおせち。今回はこのおせちに使われる野菜を中心にメニュー提案させていただきました。おせちの由来から、それぞれの料理に込められている縁起など、豆知識も紹介させていただきました。野菜中心でも様々なおせちメニューが作れるとお客様にも喜んでいただけました。

      詳しいメニューは こちらから  ⇒ メニュー紹介

■食材提案 : お正月食材

今回はお正月によく使われる野菜を集めました!様々な縁起がいいとされる野菜をお正月風にディスプレイしました。普段よく見かける野菜もどうしてお正月料理に使われるか勉強になる内容となり、お客様からも好評をいただきました。

ディスプレイ3  ディスプレイ1  ディスプレイ2

提案した商品の一覧はこちらです ⇒ お正月食材ご紹介

icon_biggrin当日は小春日和で45名のお客様に来社していただきました。今回は様々なテーマを盛り込んで、今年最後の野菜塾を無事終わらせることができました。来年はさらにパワーアップした野菜塾となるよう、社員一同努力していきたいと思います。ありがとうございました!!

一年生、今後の課題と抱負発表!!(横浜センター編)

icon_smile先日東京センターに配属になった一年生の課題と抱負の発表をブログに載せましたが、別日程で横浜センターに配属となった一年生も同様に発表しました。今日はこの時の様子を報告します!

まずは製造部 魚住さん!  dsc04629.JPG

製造部に配属された魚住さんは、今製造部社員の仕事の基本となる、パートさんへの指示出しや全体の流れを把握してスムーズにカット野菜を作る管理を勉強中!!作業は単純作業でも自分の思っていることを正確に伝え、行動に移してもらう大変さを痛感しています。これからは現場のスペシャリストを目指し、現場の詳細な把握と細かな指示出し、歩留りなども計算できるようになりたいと発表してくれました。

dsc04630.JPG  続いて品質管理室 山本さん☆

山本さんは品質管理室ですが、学生の頃そういう勉強をしてきた訳ではなかったので配属になってからとにかく勉強!!の毎日です。その中でも今は日々の仕事をスケジュール通りこなせるようになってきて、新たな分析の仕事も始めることになりました。まだまだ技術的には足りないけれど、工場など率先して掃除をして環境を整えたり、今まで仕事に追いつくだけでスピード重視できた自分を見つめなおして、理想をもう一度思い出しながら頑張りたいと話してくれました。

一年生1 3番手は出荷部 森田さん!

出荷部に配属された森田さんはひたすらピッキング(梱包)の作業を覚えてきました。最近では細かい片付けまで目が届くようになってきたところが半年前より成長してきたと発表していました。また、今までは野菜を大切にしたい、という気持ちが強すぎていて、お客様がどういうものが欲しいかということまで考えられていなかったとの反省もありました。現在は夜勤を経験し、パートさん達とのコミュニケーションの大切さを痛感していて、パートさんが相談しやすい社員になりたいと決意を述べてくれました。

最後は業務課 羽石さん☆     dsc04639.JPG

業務課の羽石さんは今までは自分の仕事をこなすのが精いっぱいで、先輩たちの仕事の内容がどういったことをしているか勉強する余裕がなかったとのことですが、業務課の仕事は情報を扱う部署ですべての部署の仕事につながっていることがわかってきたので部内の仕事をきっちり覚えて業務課のスペシャリストを目指したいと話してくれました。少しづついろいろな仕事にチャレンジして、自分から行動を起こしていく、と発表してくれました。

icon_biggrin東京センターの一年生と同様に、横浜センターのメンバーも確実にステップアップしています!日々葛藤や壁にぶつかって、それを乗り越えようと頑張っています。先輩たちも温かい目で見守ってくれています。これからも『未来の自分が褒めてくれる自分』を目指して頑張りましょう!!

ページトップへ