デリカフーズは、野菜の卸売りをしている会社です(東証第一部、証券コード:3392)

MENU
野菜の日記

【第68回】健康野菜塾  ~デリカフーズグループの今後の取り組み~

■日時:  平成31年1月31日(木) 14:00~17:00

■会場:  デリカフーズ株式会社  東京都足立区六町4-12-12

■ 内容:

1.情報発信 『 2019年デリカフーズの取り組みと埼玉FSセンターのご紹介 』

デリカフーズ株式会社 取締役社長 小林 憲司

「2019年デリカフーズの取り組みと埼玉FSセンターのご紹介」ということで、弊社取締役社長 小林より、今後のデリカフーズグループの取り組みと、昨年の12月に竣工致しました埼玉FSセンターのご紹介をさせていただきました。お客様に安心・安全なお野菜をお届けするために、天候災害へのリスクヘッジ、コストの安定化、また、昨今問題となっている人手不足への対策などにどのように取り組んでいくかということをご説明させていただきました。

会場に来てくださったお客様からは、「デリカフーズの新たな取り組み内容についてよく理解できた」「物流を含め様々なチャレンジ、埼玉FSセンターなどのチャレンジが素晴らしい」などのお言葉を頂戴致しました。

 

 

 

 

 

 

2.情報発信 『 健康トレンド 人生100年時代の食と健康 』

デリカフーズホールディングス株式会社 取締役 未来開発最高役員 丹羽 真清

「健康トレンド 人生100年時代の食と健康」ということで、デリカフーズホールディングス株式会社 取締役 未来開発最高役員 丹羽より、昨今の健康に関するトレンドと、食と健康にまつわる様々なトピックについてご説明させていただきました。「人生100年時代」、「長寿」、「ピンピンコロリ」、「食事術」など、最近では健康をテーマにした本が多く出版されており、それだけ関心が高まっているということも伺えます。

会場に来てくださったお客様からは、「健康、長寿に対して食(特に野菜)が、どれほど大切なのかを理解出来ました」「生きていく上での食の大切さを痛感致しました」などのお言葉を頂戴致しました。

 

 

 

 

 

 

 

3.情報発信 『 青果物流通の今後の展望 』

エフエスロジスティックス株式会社 代表取締役社長 吉川 直樹

「青果物流通の今後の展望」ということで、弊社のグループ会社となります、エフエスロジスティックス株式会社 代表取締役社長 吉川よりご説明をさせていただきました。昨今の物流に対する行政の動きや時代の流れを踏まえ、エフエスロジスティックスが出来ることをご紹介、そして、ご提案をさせていただきました。

会場に来てくださったお客様からは、「働き方改革と世の中の流れを把握しながら効率化を図る取り組みが理解できた」「物流における問題が分かりやすく総括されており、分野違いの自身でも理解できた」などのお言葉を頂戴致しました。

 

 

 

 

 

 

 

4.情報発信 『 デリカフーズグループにおける研究開発の展望について 』

メディカル青果物研究所 代表取締役社長 市野 真理子

「デリカフーズグループにおける研究開発の展望について」ということで、弊社のグループ会社となります、メディカル青果物研究所 代表取締役社長 市野よりご説明をさせていただきました。日々蓄積している野菜の成分分析データをもとに、野菜で健康推進活動、お客様へのメニュー・産地提案、コンサルティング業務なども行っております。

会場に来てくださったお客様からは、「野菜の数値化をすることで、農家の方も評価が得られ消費者も付加価値が得られるということは素晴らしい技術だと思う」「野菜が科学されているということが分かった。ぜひ、店舗の品質向上に向け協業できればと思った」などのお言葉を頂戴致しました。

 

 

 

 

 

 

 

当日は90名程のお客様にご来社いただきました。

弊社のカット野菜・加熱野菜を活用したメニュー提案をご紹介させていただき、実際にご試食もご用意させていただきました。ディスプレイについては、伝統野菜を中心に展示させていただきました。

第68回健康野菜塾メニュー紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、2019年度、新年第一回目ということもあり各社の代表から今後の取り組みを中心にお話しさせていただきました。

本年度もデリカフーズグループ一同、どうぞよろしくお願い申し上げます。

野菜塾 東京カテゴリの最新記事