デリカフーズは、野菜の卸売りをしている会社です(東証第一部、証券コード:3392)

MENU
野菜の日記

【第70回】健康野菜塾 ~外食産業の傾向~

 

■日時:  平成30年7月17日(水) 14:00~17:00

■会場:  デリカフーズ株式会社  東京都足立区六町4-12-12

■ 内容:

1.特別講演 『 テーブルサービスからファストカジュアル 』

株式会社エフビー 代表取締役 神山泉様

「テーブルサービスからファストカジュアル」ということで、株式会社エフビー 代表取締役 神山泉様よりご講演いただきました。会場に来てくださったお客様からは、「時代的背景による外食の流れと移り変わりがよくわかった。ベースになるテーブルサービスの重要性を再認識させられた。」「現在のアメリカのトレンド、今後の外食の展望を詳しく説明して頂き、FC店舗回り、改めて今の顧客ニーズについて考えてみようと思う。」などのお言葉を頂戴致しました。

現状の外食産業の問題点、またスーパーのイートインコーナーや惣菜部門について更に冷凍食品の将来性に至るまで詳細な部分のお話もしていただきました。外食産業の動向とこれからの動きについて、勉強させていただきました。

 

2.情報発信 『 全農グループの概要と取り扱い商品のご案内 』

全国農業協同組合連合会 参事 野崎和美様

営業開発部 青果営業課 坂井将紀様

「全農グループの概要と取り扱い商品のご案内」ということで全国農業協同組合連合会 参事 野崎和美様より全農様の概要について、営業開発部 青果営業課 坂井将紀様より全農様での取り扱い商品についてご講演いただきました。会場に来てくださったお客様からは、「日本の農業、畜産の規模を知ることができて良かった。」「取り組みや概要を知ることができ、安心して今後も使用させていただくことができる。」などのお言葉を頂戴致しました。

全農様の商材もご紹介していただき、いち生活者として全農様との繋がりをより身近に感じることができました。

 

3.情報発信 『 話題のお店のご紹介 』

デリカフーズ株式会社 営業部 野中啓太郎

 「話題のお店のご紹介」ということで、「ビーガン・ハラール」をテーマとした4店舗のお店をご紹介させていただきました。東京オリンピック開催に向けて訪日外国人の増加が見込まれ、外食産業は様々な食習慣への対応が急務となっております。伝統的な日本食を多くの方に味わっていただくためにも、ビーガン・ハラールメニューを取り入れていく必要があると感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.情報発信 『 第6の栄養素!?食物繊維で腸活アップ 』

デリカフーズ株式会社 商品部仕入課 市嶋範久

「第6の栄養素!?食物繊維で腸活アップ」ということで腸活に着目し、食物繊維を多く含む食材である「きのこ」のご紹介をさせていただきました。これから秋にかけてきのこを始め様々な季節食材もご提案させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は118名という多数のお客様にご来社いただきました。

 

今後もお客様に喜んでいただけるようなテーマ・内容で開催させていただきたいと思っております。

是非、取り上げていただきたい内容など、リクエストもございましたらお声をいただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ディスプレイ:きのこをメインに】

 

 

 

 

 

 

 

【メニューのご提案】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【講演の様子・メニューのご説明】

 

お忙しい中、ご来場いただきまして誠にありがとうございました。

野菜塾 東京カテゴリの最新記事