デリカフーズは、野菜の卸売りをしている会社です(東証第一部、証券コード:3392)

MENU
野菜の日記

【第61回】健康野菜塾  ~農と食を繋ぐ研究開発~

■日時:  平成29年6月27日(火) 14:00~17:00

■会場:  東京デリカフーズ株式会社  東京都足立区六町4-12-12

■ 内容:

1.特別講演 『 野菜のチカラで 食べ方をデザインする 』

株式会社メディカル青果物研究所 代表取締役 デザイナーフーズ株式会社 取締役 市野 真理子

「野菜のチカラで食べ方をデザインする」ということで、メディカル青果物研究所の概要についてや、野菜の色がもつチカラ、野菜のチカラを取り入れたメニュー構成などをご紹介させていただきながら、野菜の価値をどのように高めていくかについてご説明させていただきました。会場に来てくださったお客様からは、「野菜のもつチカラを引き出すメニュー作りに活かしていきたい」「野菜と健康の知識が色としてインプットされれば、食習慣の変容に繋がると感じた」などのお言葉を頂戴致しました。

 

2.情報発信 『 デリカフーズグループ 今後の研究開発事業 ~食と農を繋ぐ~ 』

株式会社メディカル青果物研究所 東京デリカフーズ株式会社 研究開発室 室長 武井 安由知

「デリカフーズグループ 今後の研究開発事業 ~食と農を繋ぐ~」ということで、メディカル青果物研究所で行っている、「野菜の中身を見える化する取り組み」についてのご紹介を中心に、デリカスコアについて、今後の活動についてご説明させていただきました。会場に来てくださったお客様からは、「様々な検証により、どのような環境で育った野菜が良い物なのかが分かり、とても参考になった」「化学的根拠を基に、データを駆使した研究で非常に勉強になった。野菜をより美味しく提供するために参考にしたい」などのお言葉を頂戴致しました。

 

3.情報発信 『 契約産地のご紹介 ~TOPHAT様 、いばらき農流研様 ~ 』

東京デリカフーズ株式会社 仕入部 部長 森島 一輝

「契約産地のご紹介 ~TOPHAT様 、いばらき農流研様 ~」ということで、弊社の契約産地様となります、静岡県のTOPHAT様と茨城県のいばらき農流研様のお取り組みや、今後の目標についてご紹介させていただきました。会場に来てくださったお客様からは、「生産者様の工夫や世界観を共有できてよかった」「2020年のオリンピックに向けてJGAP取得産地など興味深い産地をご紹介いただけた」などのお言葉を頂戴致しました。

 

4.情報発信 『 繁盛店のご紹介 』

東京デリカフーズ株式会社 営業部 メニュー開発 吉村 真沙子

 「繁盛店のご紹介」ということで、今回は野菜をキーワードに「フォトジェニック」で話題を集めている繁盛店を6店舗、ご紹介させていただきました。会場に来てくださったお客様からは、「トレンドを押さえているプレゼン内容で、女性ならではの視点で参考になった」「健康にも配慮した最新のトレンドを掴むことができて満足」などのお言葉を頂戴致しました。

 

5.『メニュー紹介』

東京デリカフーズ株式会社 営業部 メニュー開発 山口 由美

今回のご試食は、「ナス科」をテーマにご提供させていただきました。水なす、米なす、青なす、赤なす、絹かわなす、小なすを使用し、6種類のメニューをご提供させていただきました。

当日のご提供メニューはこちら♪

 

 

 


なすの品種は日本で約180種類、世界では1000種類程あるともいわれております。日本では夏が旬のなすですが、カリウムも豊富で体を冷やす効果もあるため、夏バテ対策にもオススメです!

 

当日は94名のお客様にご来社いただきました。

また、次回もお客様からのアンケートの声をもとに企画などさせていただきますので、是非お気軽にご参加いただければと存じます。

 

野菜塾 東京カテゴリの最新記事